バイト先の憧れのお姉さん

バイト先の憧れのお姉さん
これは私がまだ学生だった頃のお話です。
当時私はレンタルビデオ店で働いていました。
高校卒業後から働き始め2年程働き、後輩にも仕事を教えれるようになった頃でした。
後輩の仲良しの女の子のお姉さんが週1回はお店に来ていました。
私はいつも綺麗だなーと憧れの目で見ていましたが、彼女は旦那さんと子供2人を連れてお店に来ていました。
後輩の子のおかげでだんだんと仲良くなり普通に話す間柄に。
しばらくして、後輩が退社するのと同時にお姉さんがバイトとして入ってきました。
当時私は大失恋をして未練タラタラだったのですが、お姉さんにそれを話した所、色々と相談に乗ってくれました。
そのうち手紙のやりとりが始まり、ロッカーにお互いが入れておく間柄に。
そんな中私が捨てれない元カノの手紙がある事を話をすると、「私が捨ててあげるからもってきなよ」と言ってくれました。
次の日の仕事終わり。
誰もいないロッカールームで彼女に手紙を渡しました。
私の心の傷を感じてくれた彼女は優しく抱きしめてくれました。
そして、そのままキス。
少しはにかむ彼女が凄く可愛かったのを鮮明に覚えています。
その後、旦那さんのいない日に自宅に行き、お茶をしながら話したり、パソコンを教えたりする仲になり毎回帰り際にキスをしました。
そんな関係を3か月程続けた時に彼女がついウトウト転寝をしてしまいました。
私はそんな彼女の寝顔を見た時に我慢が出来ず、彼女に覆いかぶさりました。
彼女は眼を覚まし、一瞬驚いた顔をしましたが、そのままキス。
そしてSEXへ。
お互い絶頂に達した後、これ以上お互いが進むと周りの人たちを悲しませるのではないかと話し合いをし、ちゃんとした関係性に戻る事になりました。
今でも、憧れのお姉さんとして仲良くしてくれています。