バイト先の憧れのお姉さん

これは私がまだ、学生だった頃の話です。

当時、私はレンタルビデオ店で働いていました。

働き出して2年経ち、後輩にも仕事を教えれるようになった頃。

仲良くしている後輩のお姉さんが、お客として週1で店に来るようになりました。

私がこっそりと好きになった、彼女にしたい綺麗な女性です。

しかし残念ながら彼女は結婚しており、いつも旦那さんと子供2人と一緒に来ていました。

お姉さんといい感じの関係に

彼女とは後輩のおかげで少しずつ仲良くなり、世間話もできる間柄に。

しばらくして、後輩が辞めてしまいましたが…

なんと入れ替わりで、そのお姉さんがバイトで入ってきました。

その時、私は彼女と別れて落ち込んでおり、お姉さんとは色々相談をする間柄に。

仕事中に話せないような内容は、LINEでやり取りしました。

私が捨てられない、元カノからの手紙がある事を話すと…

「私が捨ててあげるからもってきなよ」

そう言ってくれたので、彼女に手紙を渡しました。

私の心の傷を感じとった彼女は、優しく私を抱きしめてくれます。

そして彼女が顔を近づけ、そのままキス。

少し照れる彼女がすごく可愛くて、今でも鮮明に覚えています。

その後は彼女に呼ばれ、旦那さんのいない日に自宅で話したり、私がパソコンを教えたりする関係になりました。

帰り際には毎回、キスをしてお別れです。

無防備なお姉さんに思わず我慢できなくなり…

そんな関係を、3か月ほど続けた頃。

彼女がウトウトと、ソファーで眠ってしまったことがありました。

無防備な、優しい憧れの彼女。

人の家ということも忘れ、我慢できずに彼女へ覆いかぶさりました。

彼女は眼を覚まし、一瞬驚いた顔をしましたが…

私の愛撫に抵抗もせず、完全の女の表情をしています。

キスをしながらシャツをまくると、ツンと上を向く綺麗なバスト。

子供を2人産んだとは思えない、美しい体です。

荒い私の愛撫を優しく受け止め、何度か痙攣しながら絶頂する彼女。

さらに体の隅々まで愛撫をし、耐えきれずに挿入しました。

興奮してすぐにイってしまいましたが、1回だけで落ち着くはずもありません。

長く彼女を抱いていたかったですが、結局2回で果ててしまいました。

2人で事後に横たわっている時、これからもこうして会ってほしいと彼女に伝えました。

しかし彼女の答えは「NO」。

彼女は悲しそうな顔で、首を横にふりました。

彼女にとっての1番は、子供と家庭です。

私のことは愛おしいと思っているけれど、それは一時の愛情とのこと。

これ以上はお互い不幸になるし、続けるような関係ではないと話してくれました。

学生の私が、彼女を家庭から奪う自信はありません。

今回のことは2人だけの秘密にして、元の関係に戻りました。

それ以降も彼女はバイトを辞めることなく、職場だけの関係です。

今でも、私の中では「憧れのお姉さん」として存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください