バイト先の憧れのお姉さん

これは私がまだ学生だった頃の話です。
当時私はレンタルビデオ店で働いていました。

大学入学から2年、後輩にも仕事を教えれるようになった頃の事。
仲良しの後輩のお姉さんが、お客として週1で店に来るようになりました。

とてもきれいな女性で、私はひっそりと憧れていました。
しかし、彼女は結婚しており、いつも旦那さんと子供2人と一緒に来ます。

後輩のおかげで少しずつ仲良くなり、世間話もできる間柄に。
しばらくして後輩が退社するのと入れ替わりで、そのお姉さんがバイトとして入ってきました。

当時私は大失恋をしてとても落ち込んでおり、人生の先輩としてお姉さんに色々相談をしました。

それが発端となり、仕事中に話せないような込み入った話は手紙でやり取りをすることに。お互いのロッカーに手紙を入れあい、その中でいろんな話をしました。

私が捨てられない元カノからの手紙がある事を話すと、
「私が捨ててあげるからもってきなよ」
そう言ってくれました。

次の日の仕事終わり。
誰もいないロッカールームで彼女に手紙を渡しました。

私の心の傷を感じとった彼女は、優しく私を抱きしめてくれました。
そして、そのままキス。

少しはにかむ彼女が凄く可愛かったのを鮮明に覚えています。

その後、旦那さんのいない日に自宅に行き、お茶を飲みながら話をしたり私がパソコンを教えたり。
毎回帰り際にはキス。

そんな関係を3か月程続けた時、彼女がついウトウトとソファーで眠ってしまったことがありました。
無防備な彼女を見たら我慢できず、その場で覆いかぶさりました。

彼女は眼を覚まし、一瞬驚いた顔をしましたが、そのままキス。
そしてSEXへ。

彼女の体は子供を2人も産んだとは思えないほど美しく、胸もツンと上を向いています。
久しぶりのSEXだった私は、むしゃぶりつくように荒々しく彼女の体を求めます。
そんな僕を優しく受け止めて、何度かビクンビクンと痙攣しながらオーガズムを迎えた彼女。

大人の女性とのセックスってこんなにも優しくて官能的なんだ…
彼女の体を隅々まで確認するように愛撫をして、彼女の中で果てる。
1回では自分を治めることができず、私は2回も彼女の中でイッてしまったのです。

彼女も何回か絶頂に達し、二人で並んで横たわっている時に、これからもこうして会ってほしいと彼女に伝えました。

彼女は悲しそうな顔で首を横にふりました。
彼女の答えは「NO」でした。

子供も家庭も大事だという事。
私のことは愛おしいと思っているけれど、それは姉としての愛情であること。

これ以上お互いが進むと、周りの人たちを悲しませてしまうだろう。
それは自分の本意ではない。
と優しく、でもしっかりと私の目を見て話してくれました。

学生だった私は、周りの人間を巻き込んでまで彼女を奪う自信はありませんでした。
ましてやお子さんまでいる彼女を…

二人で話し合い、元の関係に戻る事に。
2回目の失恋に落ち込みはしたものの、彼女はバイトを辞めることもなく、それまで通り変わらず話をしてくれました。

私の中では今でも、彼女は憧れのお姉さんです。
そして今でも彼女の幸せを応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください