真面目な私が不倫にハマった話

真面目な私が不倫にハマった話

大学を卒業して今の企業に入社。
勤続22年目の、管理職をしている40代男性です。

仕事も家庭も真面目一筋。
家には、妻と高校生の子どもが2人います。

このまま定年になるまで、平凡に暮らすものだと思っていました。

そんな私がこの年で不倫にハマり、寝ても覚めても一人の女性を求めています。

彼女との出会い

運命の出会いは、趣味のバドミントンサークルでのこと。

ご主人と離婚して独り身という、看護師の女性が入会してきました。

運動のために、昔やっていたバドミントンを再開しようと入ってきたようです。

私より2歳年下の40代前半ですが、子供を産んでいないせいかとても若く見えます。

妻のように体に余分なぜい肉はなく、いつも小綺麗な彼女。

久しぶりの運動だそうで、疲れたと言いながらも楽しそうな笑顔が似合います。

最初は挨拶を交わす程度の関係でしたが…

途中で帰り道が同じ方向と分かり、話ながら一緒に帰ることが多くなりました。

たまに彼女と帰りにお茶を飲んだり、居残り練習をしたり。
まるで、学生時代の部活のようです。

私が彼女を好きになるのに、時間はかかりませんでした。

しかしそんなそぶりは見せず、友達として接します。

彼女の家に遊びに行ってから…

そんなある日、彼女から食事に誘われます。

「食事を作り過ぎたので、よかったら帰りに家に寄りませんか?」

彼女の家は、体育館から徒歩10分くらいのアパートでした。

「一人暮らしだから、つい作りすぎちゃって…」

そう微笑みながら、すじ肉の煮込みカレーをよそってくれる彼女。

「汗かいちゃたわね」

嬉しいことに、枝豆とビールも出してくれます。

お酒に弱い私はすぐに酔ってしまい、部屋で少し休ませてもらう事にしました。

私が眠っていると思った彼女は、一人でシャワーへ。

こんな狭い部屋で、好きな人がシャワーを浴びている…

そう考えただけで我慢の限界。

浴室のドアを開けて、彼女を抱き締めてしまいました。
お酒のせいで勇気が出たと言いましょうか…

最初は私の手を振りほどこうと、抵抗する彼女。

しかし強引にキスをするとその力は弱くなり、彼女の方から舌を絡めてきます。

妻とはずいぶん前からしていません。
もう自分は枯れてしまっている…と思っていたのです。

それが、もの凄い力で勃起。
私はまだ現役の男だったようです。

抑圧された気持ちが爆発

彼女の濡れた体を拭いて、部屋まで抱き上げて彼女のおっぱいに舌を這わせます。

彼女は小さく「あっ…」と声を上げるも、私の耳元で「実は好きだったんです…」と吐息交じりに言うのです。

それを聞いて、私の興奮はMAX。

脚を持ち上げて、彼女のアソコに顔をうずめました。
こんなことは、妻にもしたことがありません。

でも彼女のは舐めたかったんです。
妻よりも薄っすらとした陰毛をかき分けると、綺麗な桜色の陰部が見えます。

ゆっくり舐めると、声にもならない吐息を漏らします。

「う…ふぅ…はうぅ…」

私の腕をギュッと握る彼女。
私は30分くらいかけ、恥丘からアナルまでじっくりと舐めました。

その間、彼女は2回くらい足を痙攣させてイったようです。

それだけでは飽き足らず、背中からお尻、足の先までも味わい尽くしました。

「凄いことをいっぱいされるんですね(恥)こんなこと、もう何年もありませんでした。恥ずかしい…」

頬を赤らめる彼女を抱きしめます。

「これからも会ってくれる?」

私からの問いに、彼女はコクリと頷いてくれました。

妻には無い彼女の魅力

その一件以降、毎週サークル帰りに彼女とセックスを楽しんでいます。

今までセックスのテクニックの事など、考えたこともなかった私ですが…
今は暇があればAVを見て、ネットで体位などを検索しています。

どうやったら彼女が悶えて喘いでくれるのか?
そればかりを考えています。

仕事は何とかこなしていますが、今は彼女で頭がいっぱい。
我ながら、女性にハマる自分に驚いています。

彼女は毎回フェラしてくれるのですが、妻は一度もそんなことをしてくれませんでした。

風俗にも行ったことがなかった私には、それすらも新鮮。
この年になってお恥ずかしい限りです。

これからどうするつもりなのか?
今はそんなことも考えられない程、彼女にのめり込んでいます。

彼女はこのままが幸せだと言っているので、妻と離婚することはないでしょう。

ただ彼女を失いたくない。
そのためには、妻や子供に見つかってはいけない。

それだけに注意を払いながら、今日も彼女を求めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください