大人なオジサンとの不倫関係

当時、私は27歳のOL。
相手は単身赴任で上京している、42歳の既婚者でした。

出会ったのは不倫掲示板

20代の私からみると彼はオジサンでしたが、頭も良くて優しいダンディな人。

一緒にいて安心できる、本当に好きな男性でした。

不倫とはいえ、毎日が楽しかったのです。

不倫生活でも楽しく幸せになれた

週末になると、いつも彼の家にお泊りです。
一緒に晩御飯を作り、「美味しい」「ちょっと違うね」とイチャイチャ。

夜の方も、今まで付き合った人とは一味も二味も違いました。

彼とのセックスでは何度もオーガズムの波が来て、一晩中ヤッてもいいくらい。

歳のわりには元気で、私はセックスでも彼にハマっていました。

彼との関係は、日常の生活だけではありません。

たまにのデートは、誰かに見られたら困るので、基本的に遠出します。

浦安のおなじみのテーマパークにも行きました。

休日を一緒に過ごし、月曜の朝は途中まで一緒に出勤。

まるで新婚カップルのようです。

周りには一応彼氏という設定で話していましたが、同じように不倫してた上司(女)にはバレバレだったみたいで…

お互いたまに「最近どう?」みたいな会話をしました。

上司とは、お互いの不倫情報を交換し合う関係です(笑)

不倫をしている同士だけが分かる、不思議な何かがありました。

訪れた突然の変化

堂々と彼を紹介出来ないのは寂しかったですが、逆にそれが気楽でもありました。

私は元々、ワイワイしたノリの付き合い方が苦手なタイプ。

静かに育むような不倫関係が、ピッタリだったのかもしれません。

包容力の彼との生活が新鮮で、このままでもいいかな~と思っていたほどです。

私は結婚に執着がなかったので、彼との距離が絶妙に心地よかったのです。

しかし彼と4年ほど付き合った頃、状況に変化が起きました。

彼の子供が大学のために上京し、一緒に暮らすことになったのです。

さすがに子供が家にいては、遊びにもいけません。

「だったら私の家で、休日だけでも過ごせばいい」

そうやって、今の関係が続けば…と思っていたのです。

しかし彼の考えは違いました。

「休みのたびに不在になるのは、子供にとって良くない」

男ではなく、家庭を持つ父親として考えたのです。

最後に彼と会った日のことは、よく覚えています。

別れではなく、「またね~」みたいな軽い別れ方。

またすぐ会えると、当たり前のようにそう思っていました。

今度、私の家で一緒にカレーを作ろうという話も、叶う事はありませんでした。

後悔のない綺麗な別れ

もし完全な別れ話だったら、立ち直れなかったかもしれません。

彼なりの優しさだったと今は思えます。

大人なオジサンは、別れ方まで大人でした。

彼に対しての恨みや後悔はなく、いいお父さんやってるかなぁ…と時々思い出します。

もう一回私を抱いてほしいな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください