大人なオジサンとの不倫関係

当時、私は27歳。相手は42歳の既婚者。子供もいる人でした。

彼は単身赴任で上京の一人暮らし族。よくあるパターンかな。

出会ったのは不倫掲示板

27歳の私からみると彼はオジサンでしたが、頭も良く、やさしいダンディな人。
一緒にいると安心するし落ち着く。私は本当に好きでした。

お付き合い中は外食は全ておごり。
物を買ってもらうことはありませんでしたが、それでも毎日が楽しかったのです。

週末になると、オジサンの家にお泊り。
一緒に晩御飯を作って、「美味しい」「ちょっと違うね」とイチャイチャ。

セックスの経験値が高く、今までの彼とは一味も二味も違いました。
オジサンとのセックスでは何度もオーガズムの波が来て、一晩中ヤッてもいいくらい♡
歳のわりには元気で、私の体を開発してくれました。
私はそっちの方でも彼にハマってしまったのです。

セックスだけではありません。
近場では誰かに見られたら困るので、デートは遠出。
浦安のおなじみのテーマパークにも一緒に行きました。
休日を一緒に過ごし、月曜の朝には一緒に途中まで出勤します。

まるで新婚ごっこのようで私はとても楽しかったのです。

周りには一応彼氏という設定で話していましたが、同じように不倫してた上司(女)にはバレバレだったみたいです。

お互いたまに「最近どう?」みたいな会話をしました。
不倫をしている者にだけが分かり合える何かがありました。
上司とは、お互いの不倫をきっかけに仲が深まった…
そんな不思議な友情も得る事ができました。笑

堂々と親や友達に紹介出来ないところは寂しかったですが、逆にそれが気楽でもあり。
ワイワイしたノリの良い付き合い方が苦手な私には、静かに育むような不倫関係がピッタリだったのかもしれません。

当時の私には何もかもが新鮮で楽しく、このままずっとこの生活でもいいかな~と思っていたほどです。

私は結婚には執着がなく、この状態が幸せ。そう感じていたんです。
ですが、この生活がずっと続くわけはありません。

4年程で突然音信不通に…
子供が大学にために上京。一緒に暮らすことになったのです。

子供と暮らす予定の家にも何度か泊まりに行きましたが、さすがに子供が引っ越してくる頃にはそれもできず。

私が一人暮らしなのでうちに来たこともあり、そうやってこの関係を続ければいい。そう思っていたのですが。

子供がいるのに家を空けたくなかったようで…
当然ですが、彼は家庭を壊すつもりはなかったのです。

もちろん私も壊そうなどとは思っていませんでした。
でも父親がしょっちゅう家を空けることは家庭を壊すことに繋がる。彼はそう考えたのですね。

最後に会った日のことはよく覚えています。
別れを告げられたわけではなく、「またね~」みたいに軽く別れたのです。

またすぐ会える。当たり前のようにそう思っていました。
今度は私の家で一緒にカレーを作ろうと…
それは叶う事はありませんでした。

もし「別れよう」って直接言われたら立ち直れなかったかもしれないので、今ではオジサンに感謝です。
大人なオジサンは、別れ方までも大人でした。

立つ鳥跡を濁さず。それができる人はモテ男だと思います。
彼に対して恨みなんて全くなく、幸せに暮らしてるのかなぁ、いいお父さんやってるかなぁ…なんて時々考えます。

オジサン元気にしてるかなぁ。
もう一回私を抱いてほしいな…

バイト先の憧れのお姉さん

これは私がまだ学生だった頃の話です。
当時私はレンタルビデオ店で働いていました。

大学入学から2年、後輩にも仕事を教えれるようになった頃の事。
仲良しの後輩のお姉さんが、お客として週1で店に来るようになりました。

とてもきれいな女性で、私はひっそりと憧れていました。
しかし、彼女は結婚しており、いつも旦那さんと子供2人と一緒に来ます。

後輩のおかげで少しずつ仲良くなり、世間話もできる間柄に。
しばらくして後輩が退社するのと入れ替わりで、そのお姉さんがバイトとして入ってきました。

当時私は大失恋をしてとても落ち込んでおり、人生の先輩としてお姉さんに色々相談をしました。

それが発端となり、仕事中に話せないような込み入った話は手紙でやり取りをすることに。お互いのロッカーに手紙を入れあい、その中でいろんな話をしました。

私が捨てられない元カノからの手紙がある事を話すと、
「私が捨ててあげるからもってきなよ」
そう言ってくれました。

次の日の仕事終わり。
誰もいないロッカールームで彼女に手紙を渡しました。

私の心の傷を感じとった彼女は、優しく私を抱きしめてくれました。
そして、そのままキス。

少しはにかむ彼女が凄く可愛かったのを鮮明に覚えています。

その後、旦那さんのいない日に自宅に行き、お茶を飲みながら話をしたり私がパソコンを教えたり。
毎回帰り際にはキス。

そんな関係を3か月程続けた時、彼女がついウトウトとソファーで眠ってしまったことがありました。
無防備な彼女を見たら我慢できず、その場で覆いかぶさりました。

彼女は眼を覚まし、一瞬驚いた顔をしましたが、そのままキス。
そしてSEXへ。

彼女の体は子供を2人も産んだとは思えないほど美しく、胸もツンと上を向いています。
久しぶりのSEXだった私は、むしゃぶりつくように荒々しく彼女の体を求めます。
そんな僕を優しく受け止めて、何度かビクンビクンと痙攣しながらオーガズムを迎えた彼女。

大人の女性とのセックスってこんなにも優しくて官能的なんだ…
彼女の体を隅々まで確認するように愛撫をして、彼女の中で果てる。
1回では自分を治めることができず、私は2回も彼女の中でイッてしまったのです。

彼女も何回か絶頂に達し、二人で並んで横たわっている時に、これからもこうして会ってほしいと彼女に伝えました。

彼女は悲しそうな顔で首を横にふりました。
彼女の答えは「NO」でした。

子供も家庭も大事だという事。
私のことは愛おしいと思っているけれど、それは姉としての愛情であること。

これ以上お互いが進むと、周りの人たちを悲しませてしまうだろう。
それは自分の本意ではない。
と優しく、でもしっかりと私の目を見て話してくれました。

学生だった私は、周りの人間を巻き込んでまで彼女を奪う自信はありませんでした。
ましてやお子さんまでいる彼女を…

二人で話し合い、元の関係に戻る事に。
2回目の失恋に落ち込みはしたものの、彼女はバイトを辞めることもなく、それまで通り変わらず話をしてくれました。

私の中では今でも、彼女は憧れのお姉さんです。
そして今でも彼女の幸せを応援しています。

急に消えた、忘れられない男

彼との出会いは、とあるSNSサイト。

5つ年上の彼はとても話しやすく、すぐ仲良くなり1か月もたたないうちに会う約束をしました。

大阪の梅田駅前で待ち合わせ、そのままネットカフェへ。
彼は自分のことを、こう話してくれました。

  • 奥さんがいること
  • 勤めていた会社が倒産し、今は失業中
  • 再就職のため面接に来ていた

私は彼に奥さんがいることはさほど気にならず、私自身も遊びのつもりで会いました。

彼はとても魅力的な男性で、私以外にもたくさん女性と関係を持っていました。
今までに付き合ったことのない遊び人タイプで、会ったその日にセックス。
体の相性がとても良く、危険な大人の男の匂いがする彼に私は惹かれてしまいました。

魅力的な彼との関係はずるずると続き、いつの間にか私はこの関係にどっぷりとハマっていました。

彼の話では、

  • 奥さんが帰るまでに洗濯をしなくちゃいけない
  • ばれないように買い物を終わらせて帰る

失業中の彼は家事を担っていて、奥さんが働いている間にこっそり私とセックスをしていました。
そんな大人の遊びに、彼は慣れているようでした。

デートの度にかかるホテル代は、失業中のため割り勘。
一緒に外食をするわけでもなく、私は彼にとって完璧なセフレ状態。
でも私は彼との時間に幸せを感じていたのです。

その頃には直接LINEでやりとりをしており、どうやら彼の奥さんが怪しみだしたようです。
彼の携帯を見るようになったとのこと。

週一で会っていたのが徐々に回数が減り、最後に会った時には常に携帯が鳴っている状態。

不倫の場合、ばれた時は浮気相手の女性(私)にも多額の慰謝料請求をされる可能性があると聞きました。
彼は今までも女性側に迷惑がかかる前に縁を切ってきたと…

ほどなくして私はLINEをブロックされました。
その時の私は、彼なりに私に責任が及ばないようにしてくれたのだと思うことで気持ちを落ち着かせました。

最初に出会ったサイトで彼の名前を探すも見つからず…それっきりです。
本気で彼の事を好きになっていた私は、相当落ち込みました。
彼にとっては都合のいいセフレでしかなかったのに…

私にとってはとても愛おしい人。
別れの言葉もなく急に会えなくなったのもあり、結婚した今でも彼を忘れることができません。

彼とのセックスは最高でした。
何十人もの男と体の関係を持ちましたが、あんなに何度も絶頂に導いてくれたのは彼が初めて。

私の感じる場所を探してくれて、背中から足の指の先まで愛撫してくれる丁寧なセックス。
世の中にこんな世界があるんだと、新しい扉を開けてくれたのが彼だったのです。
彼の愛撫で私は初めて潮を吹き、連続オーガズムも体感しました。

あの後、何人かの男性と出会い系で会ってセックスしましたが、彼と同じように私をイカせてる人はいません。
彼の代わりになる男がこの世に存在しないことを改めて知らされたのです。

あれから4年経ちますが、私はまだ出会い系で彼を探しています。
私は今は時間を持て余す主婦。

彼にもう一度会いたい…
私を酒池肉林の世界に導いてほしいと、体がうずきます。

夫のセックスは淡泊で、彼が教えてくれたものとは全く違います。
もし街中で彼と再会したら…
万が一の確立を求めて、今日も最初に出会った梅田駅に足ぶのです。