大人なオジサンとの不倫関係

当時、私は27歳のOL。
相手は単身赴任で上京している、42歳の既婚者でした。

出会ったのは不倫掲示板

20代の私からみると彼はオジサンでしたが、頭も良くて優しいダンディな人。

一緒にいて安心できる、本当に好きな男性でした。

不倫とはいえ、毎日が楽しかったのです。

不倫生活でも楽しく幸せになれた

週末になると、いつも彼の家にお泊りです。
一緒に晩御飯を作り、「美味しい」「ちょっと違うね」とイチャイチャ。

夜の方も、今まで付き合った人とは一味も二味も違いました。

彼とのセックスでは何度もオーガズムの波が来て、一晩中ヤッてもいいくらい。

歳のわりには元気で、私はセックスでも彼にハマっていました。

彼との関係は、日常の生活だけではありません。

たまにのデートは、誰かに見られたら困るので、基本的に遠出します。

浦安のおなじみのテーマパークにも行きました。

休日を一緒に過ごし、月曜の朝は途中まで一緒に出勤。

まるで新婚カップルのようです。

周りには一応彼氏という設定で話していましたが、同じように不倫してた上司(女)にはバレバレだったみたいで…

お互いたまに「最近どう?」みたいな会話をしました。

上司とは、お互いの不倫情報を交換し合う関係です(笑)

不倫をしている同士だけが分かる、不思議な何かがありました。

訪れた突然の変化

堂々と彼を紹介出来ないのは寂しかったですが、逆にそれが気楽でもありました。

私は元々、ワイワイしたノリの付き合い方が苦手なタイプ。

静かに育むような不倫関係が、ピッタリだったのかもしれません。

包容力の彼との生活が新鮮で、このままでもいいかな~と思っていたほどです。

私は結婚に執着がなかったので、彼との距離が絶妙に心地よかったのです。

しかし彼と4年ほど付き合った頃、状況に変化が起きました。

彼の子供が大学のために上京し、一緒に暮らすことになったのです。

さすがに子供が家にいては、遊びにもいけません。

「だったら私の家で、休日だけでも過ごせばいい」

そうやって、今の関係が続けば…と思っていたのです。

しかし彼の考えは違いました。

「休みのたびに不在になるのは、子供にとって良くない」

男ではなく、家庭を持つ父親として考えたのです。

最後に彼と会った日のことは、よく覚えています。

別れではなく、「またね~」みたいな軽い別れ方。

またすぐ会えると、当たり前のようにそう思っていました。

今度、私の家で一緒にカレーを作ろうという話も、叶う事はありませんでした。

後悔のない綺麗な別れ

もし完全な別れ話だったら、立ち直れなかったかもしれません。

彼なりの優しさだったと今は思えます。

大人なオジサンは、別れ方まで大人でした。

彼に対しての恨みや後悔はなく、いいお父さんやってるかなぁ…と時々思い出します。

もう一回私を抱いてほしいな…

バイト先の憧れのお姉さん

これは私がまだ、学生だった頃の話です。

当時、私はレンタルビデオ店で働いていました。

働き出して2年経ち、後輩にも仕事を教えれるようになった頃。

仲良くしている後輩のお姉さんが、お客として週1で店に来るようになりました。

私がこっそりと好きになった、彼女にしたい綺麗な女性です。

しかし残念ながら彼女は結婚しており、いつも旦那さんと子供2人と一緒に来ていました。

お姉さんといい感じの関係に

彼女とは後輩のおかげで少しずつ仲良くなり、世間話もできる間柄に。

しばらくして、後輩が辞めてしまいましたが…

なんと入れ替わりで、そのお姉さんがバイトで入ってきました。

その時、私は彼女と別れて落ち込んでおり、お姉さんとは色々相談をする間柄に。

仕事中に話せないような内容は、LINEでやり取りしました。

私が捨てられない、元カノからの手紙がある事を話すと…

「私が捨ててあげるからもってきなよ」

そう言ってくれたので、彼女に手紙を渡しました。

私の心の傷を感じとった彼女は、優しく私を抱きしめてくれます。

そして彼女が顔を近づけ、そのままキス。

少し照れる彼女がすごく可愛くて、今でも鮮明に覚えています。

その後は彼女に呼ばれ、旦那さんのいない日に自宅で話したり、私がパソコンを教えたりする関係になりました。

帰り際には毎回、キスをしてお別れです。

無防備なお姉さんに思わず我慢できなくなり…

そんな関係を、3か月ほど続けた頃。

彼女がウトウトと、ソファーで眠ってしまったことがありました。

無防備な、優しい憧れの彼女。

人の家ということも忘れ、我慢できずに彼女へ覆いかぶさりました。

彼女は眼を覚まし、一瞬驚いた顔をしましたが…

私の愛撫に抵抗もせず、完全の女の表情をしています。

キスをしながらシャツをまくると、ツンと上を向く綺麗なバスト。

子供を2人産んだとは思えない、美しい体です。

荒い私の愛撫を優しく受け止め、何度か痙攣しながら絶頂する彼女。

さらに体の隅々まで愛撫をし、耐えきれずに挿入しました。

興奮してすぐにイってしまいましたが、1回だけで落ち着くはずもありません。

長く彼女を抱いていたかったですが、結局2回で果ててしまいました。

2人で事後に横たわっている時、これからもこうして会ってほしいと彼女に伝えました。

しかし彼女の答えは「NO」。

彼女は悲しそうな顔で、首を横にふりました。

彼女にとっての1番は、子供と家庭です。

私のことは愛おしいと思っているけれど、それは一時の愛情とのこと。

これ以上はお互い不幸になるし、続けるような関係ではないと話してくれました。

学生の私が、彼女を家庭から奪う自信はありません。

今回のことは2人だけの秘密にして、元の関係に戻りました。

それ以降も彼女はバイトを辞めることなく、職場だけの関係です。

今でも、私の中では「憧れのお姉さん」として存在しています。

急に消えた、忘れられない男

彼との出会いは、とあるSNSでした。

5つ年上の彼はとても話しやすく、すぐに色々話せる関係に。

1か月もたたずに、会う約束となりました。

最初は大阪の梅田で待ち合わせして、近くの喫茶店へ。

彼は既婚者で、現在は失業していて就活中とのこと。

働いている奥さんに頭が上がらないようですが、彼の話は面白く魅力的でした。

主夫の彼とセフレの関係に

彼の身の上は気にならず、私自身も遊びのつもりです。

それを見透かされてか、会ったその日にラブホへ…

体の相性がとても良く、大人の男の匂いがする彼に私は惹かれていました。

今までに付き合ったことのない、遊び人タイプです。

彼の慣れたテクニックに、どんどんハマっていく私。

関係はズルズルと続き、いつの間にか私は彼に夢中になってしまいました。

デートの度にかかるホテル代は、失業中のため割り勘。

一緒に外食をするわけでもなく、彼にとって私は完璧なセフレ状態です。

奥さんが帰る前までに、毎回こっそりと会ってはセックス。

カップルのような楽しみは無いですが、彼との時間に幸せを感じていたのです。

唐突な別れに心の整理ができず

彼との関係が、数か月続いた頃です。

どうやら彼の奥さんが怪しみ出したようで、携帯をチェックされるようになったと言っていました。

月に何度か会っていましたが、徐々に回数が減っていき…

最後に会った時には、常に携帯が鳴っている状態でした。

そしてすぐに、彼が私のLINEをブロック。

出会ったSNSで探しても、彼は見つからずそれっきりです。

遊びで始まった関係でしたが、私は相当落ち込みました。

彼にとって、都合のいいセフレでしかなかったのに…

その後、何人かの男性と出会い系で会ってセックスしましたが、彼より満足させてくれる人はいません。

結婚した今でも、もし街中で彼と再会したら…と思ってしまいます。