出会い系不倫体験談 その2

彼との出会い

Tinderで知り合った相手。

その人とは二週間くらいやりとりが続いて、軽い下ネタも言い合う関係に。
言葉の端々に、お互いにそういう関係(セフレ)を意識している感じがありました。

出会い系のやり取りの中で、下ネタに乗ってくる異性はセフレ探し目的の人が多いと思います。一つの目安にするといいかも。

その彼とは話が盛り上がるので、今度実際に会ってみよう!という話になり、早速次の休みに二人でバーで飲むことに…

この時点で、その夜はこの人とホテルに行くんかも…という予感がありました。

彼が提案してくれたお店は、福岡の天神付近にある「THEVAR」というバー。
近くにホテルがあったので、セックスは暗黙の了解だったと思います。

当日は西鉄天神駅の近くで待ち合わせ。
事前にお互いの顔写真を交換していたので、すぐに相手を見つけることができました。

軽い挨拶をした後、公園をゆっくり歩きながらバーへ。
土曜日ということもあり人通りが多かったのですが、早い段階から手を繋がれます。

「こうやって歩くのに憧れてて」彼はそう言っていました。
少なくとも彼に嫌な感情を抱きませんでした。

慣れた感じでお店に入っていったので、馴染みの店なんだなという印象。
ゆっくり飲みながら会話を楽しみました。

実際に出会ってみると…

最初は、メールのやりとりを振り返ったり、最初の印象をぶっちゃけあったり。
その後、お互いの恋人の話に…

二人ともそういう相手はいないという話になりましたが、私の勘では恐らく彼には彼女がいたでしょう。

飲んでいる間に何度か電話がかかってきて席を立ったり、LINEが来ているのが見えたからです。

恐らく恋人かそれに近い関係の女性がいたと思います。
彼は遊び慣れている男という印象。
でも、それを決して私には感じさせません。

「こうやって女性と話すのは久しぶり」
「なんだか緊張するな」

そう言って、私の警戒心を解こうとします。
私にとっては、そういうところも好印象。
最初からヤリ捨てする雰囲気を出してこられるより、ずっと優しさを感じます。

ふと彼が、「なぜTinderを始めたの?」と聞いてきました。

素直に寂しくて相手が欲しかったことを伝えると、自分もそうだと…
そこから、さらにいい感じの雰囲気に。

私はお酒を勧められるままに飲んでいたので、徐々に酔いが回ってしまい…
そんな時に彼から質問が。

「どれくらいの間セックスしていないの?」

全くいやらしさがなく、さらっと聞いてきたので驚きはしましたが、逆に答えやすかったです。

徐々に話が下ネタの方になってきて、私の手を触ったり容姿を褒めだしたり…
その時の私は、本当にこの人とそういう関係になるんだなぁ。と、なぜか冷静に考えていました。

出会ってすぐ、カラダの関係に…

元からお互いにセックスを求めていた部分があったので、そこからの展開は早かった。

私の方からも経験人数を聞いたりして、エッチな雰囲気を作ります。
エッチな話題で盛り上がり、その時点で二人の目的は一致していました。

ある程度時間が過ぎた頃、そろそろ出ようと言われ店を後に。
支払いは彼がしてくれます。

その後は目を合わせて
「いい?」
そう言われて私は頷きました。

あえて言葉には出さず、雰囲気を作ってくれたのは良かったですね。
私の方からセックスを誘う勇気はないし、がっついてると思われたくはありません。

このように自然な形で誘ってくれたので、素直についていけました。
そのまま手を繋いてホテルに…

彼は慣れていないと言いつつも、よく来ているホテルなのでしょう。
慣れた感じで部屋を選びます。

部屋に入るとすぐに始まりました。濃厚なセックスが…
それはもう酒池肉林。
酔っていたせいもありますが、かなり気持ち良かったです。
セックスにも女にも慣れている彼。

終わった後は私の体を褒めてくれて、次に繋がる言葉もありました。

「これからもまた会いたいね」
「彼氏とか作る予定あるの?」

彼氏についてはわからないと答えたところ

「誰かに取られるなんてもったいないなぁ」
そう言われましたが、私には付き合う気はなかったし…

彼もそういう意味で言ったのではない事はわかっていたので、
「彼氏ができたらわかんないけど、それまで会ったりしてもいい」
そう伝えました。

その日はホテルに泊まって翌朝解散しました。

カラダを重ねたその後

セックスの後、彼からの連絡はなかなか来ませんでした。

やっぱりワンナイト目的か…
そう思っていたら一週間経った頃にLINEが入りました。

仕事が忙しくて連絡が遅くなったという謝罪と、また会いたいという内容でした。
その後すぐに再開。

セフレになろうと言われてはいませんが、今は完全にセフレ状態。
お互いがセックスしたい時に呼び出したり、呼び出されたりの関係です。

出会い系不倫体験談 その1

不倫相手との出会い

不倫掲示板を使って人妻と出会いました。

僕は外見はやや細身。身長は160cm代後半です。
髪型は短髪。

筋肉が少ない体型だとよく言われます。
チャラくはなく、清潔感はある方だと思っています。

顔は中の上。有名人でいうと阪神の藤川球児、メジャーリーガーの菊池雄星の顔に似ていると言われます。

藤川球児と菊池雄星

藤川球児と菊池雄星

プロフの作り方について

僕は出会い系では、具体的で簡潔なプロフィール作るようにしています。
その方が女性に聡明な印象を与えることができるからです。

その中でも写真選びは大事。楽しそうな写真を選ぶようにしましょう。
僕はプロのカメラマンに撮影をお願いしました。
ココだけの話、自撮りは厳禁です。

女性は自撮りでスカしている男を見ると、ナルシストと感じます。
自然に笑っている写真を選びましょう。

他にも、ブームになっているものや、これからブームになりそうな画像を載せることもGOOD。

今だったら台湾唐揚げがおススメです。
台湾唐揚げは大鶏排(ダージーパイ)とも呼ばれていてカリカリの食感とスパイシーな味、予想以上のデカさが魅力で、人気が出てきています。

こんな感じで、ブームの写真を載せると「流行に敏感で、いい感じの人!」と、向こうが勝手に思ってくれるんです。笑

もし流行りに疎いのなら、良さそうなインスタグラムをスクショして加工して載せちゃいましょう!
雰囲気だけでもイケメンに見せることが重要です。

安心感を醸し出す作戦!

不倫相手を探すならプロフィールには必ず写真を載せましょう。

その理由は、警戒心を解くためです。
人妻は家庭を壊さずに遊べる相手を探しています。
プロフに写真がなかったら、相手の素性がわからず不信感を持ってしまいます。
絶対に秘密を守ってくれそうな、安心感を写真で醸し出しましょう。

僕の場合は、スポーツを楽しんでいる写真を選びました。
実際にやっていなくても、アプリで探して一時期だけ社会人サークルに参加したり、友達にそれ風な写真を撮ってもらえばいいのです。

人妻の安心感を引き出す。それが大事です。

ポップな自己紹介文

自己紹介文では、セフレ探していますと正直に書かず、恋人や気の合う友人を探してます、という風に構成しましょう。

女性ウケが良いワードも加えましょう。
僕の場合は、

  • 料理男子
  • 食べ歩きが好き
  • スイーツ好き
    など女性からの好感度を上げるワードをチョイスしました。
    文章は長すぎず、短すぎず。

人妻は日ごろのストレスを発散する意味でも出会い系を使っています。
明るい雰囲気を好むんですよ。僕はポップで明るいイメージで作りました。

プロフィールを閲覧した時に、どんな印象に見せたいのかを考えることで、文章をまとめやすくなります。

また、女性はタバコを嫌う人が多いため、タバコは吸わないと表示することをおススメします。
吸っていても、会う時は口臭スプレーでタバコの匂いを消すべきですね。
もしくはこの際、禁煙した方が女性ウケはいいでしょう。

複数のサイトを使う

出会い系サイトを通じて人妻に出会いたいなら、いろんなアプリを試した方がいいでしょう!

アプリによって登録している女性のタイプは異なります。
自分が求める女性のタイプに合わせて、どのサイトを使うべきなのか考えましょう。

例えば、

  • お姉さん系の女性と会いたいのならワクワクメール
  • 学生みたいな元気一杯な女性と会いたいのならタップル

このように、複数のサイトを使い分けることで、好みのセフレを早く見つけることができます。

不倫相手と具体的に出会った方法

ワクワクメーツでマッチングした女性と、3日間やりとりを行いました。
7回くらいメール交換が終わった時点で、LINEに移行。

そこから更にやりとり増やして、「ご飯やスイーツを食べに行こう!」と言って、会うことに。

女性は飯に釣られやすい生き物です。
好きな料理をさりげなく聞き出して、その料理を出してくれるおしゃれなお店を二つほど候補に出します。

当日にどっちのお店がいいか女性に聞いて、彼女が決められないときは、

「じゃんけんで◎◎ちゃんが勝ったらこっちのお店ね!負けたらこっちのお店ね!」と提案します。

こうすれば、ゲームを楽しみながらデートがスタートできるんです。
この人といると楽しいと思わせることが大事。

待ち合わせ場所は基本的に駅近くで分かりやすいところがベスト。

僕だったら西鉄西天神駅前の大きな公園の北側で待ち合わせて、そこから徒歩5~6分くらいのお店を選びますね。

約束してから会うまでに日にちがありすぎると、女性が約束を忘れる可能性があります。
デートの前日には、確認の意味もこめて「明日お願いしますね!」と連絡を入れておきましょう。
中にはスケジュール管理が適当な女性もいるので、忘れさせないようにする対策をした方がいいですよ。

福岡には、ハードな仕事をしている女性は少ないです。
出会い系サイトを利用している時点で、暇な女だと思って間違いなし。

また、大都会に比べると人との繋がりを欲する人が多い印象。
田舎の人独特の濃密な触れ合いを求めます。

仕事が比較的自由で友達や恋人との触れ合いを求める人が多いから、出会い系サイトが効果的。人妻と繋がる確率は高いと思われます。

不倫の考え方は人それぞれ。大変だけど私は成功させたい

不倫をしていると、色々大変なことがあります。

経験がある人なら、不倫の大変さはわかるでしょう。
会えない日の淋しさ、バレないようにする段取り、証拠隠し、家族を裏切る心苦しさ…

不倫に対する考え方は人それぞれですが、それでも私は不倫をしてよかったと思っています。
夫以外の男性に抱かれていると、とても幸せ。
人生で今が一番幸せかもしれません。

今の状態をずっと保っていたい。このバランスが最高なんです。
今回はそんな話をさせてください。

不倫をすることで日々の淋しさを埋める

夫とは社内恋愛をして結婚。
私の上司でした。

優しい人ですが、私には関心がない。
真面目だけれど、面白みが全くない夫。家の中では今も私の上司なのです。

もう3年以上セックスレス。私がした話は全く覚えておらず、子供は私が一人で育てている感じ。

淋しさを埋めるために、誰かと話をしたくて出会い系サイトに登録しました。
そこで会話が弾んだのがOさん。
彼の職場と私の家が近かったのもあって、いろんな話ができました。
こんなに心が弾んだのは何年ぶりだろう…

自然と会う約束をして、その日のうちにホテルへ。
私のセカンドバージンをOさんが奪ってくれました。

その頃から毎日が楽しくなり、淋しさなんて全く感じなくなりました。
頭の中はOさんのことでいっぱい。

久しぶりのセックスで、体にもハリが出てきます。
私はおしゃれにも気を遣い、アンダーヘアも整えるようになりました。
でも、夫はそんな私に全く気付きません。

不倫には苦しさも…

不倫をすると心も体も満たされますが、周りにバレないかという不安が常にあります。

子供がいるので、家庭を壊すつもりはありません。
もちろん私が好きなのはOさん。
でも、Oさんにも家庭があるのです。つまりはW不倫…

セックスにおいても、妊娠は絶対にダメ。完璧な避妊を心掛けます。
Oさんと会えてセックスができるのは、平日の昼間のほんの短い間だけ。
一緒に外食したり映画を見たりすることもできません。

二人で会っている時はいいのですが、いったん離れると不安を感じてしまうのです。
決して結婚を求めてはいけない。
隠れるようにラブホに入ってセックスして別々に帰る。
短い幸せな時間をOさんと過ごすためだけに、その他の日は意に沿わない時間を過ごすのです。

不倫はバレたら周囲を不幸に

不倫は絶対NGだという考えがあります。
むしろ世の中では、そういう考え方が主流です。

もし私のしていることが夫にバレたら、夫はきっと離婚を言い出すと思います。
私は専業主婦なので途端に生活に困ってしまいます。
子供を引き取れない可能性もあります。

親にもバレて人生のどん底に堕ちるでしょう。
不倫がバレたら自分たちだけでなく、家族や親、子供を不幸にします。
それは十分わかっているのに、体と心が彼を求めます。

もう以前のような、つまらない人生に戻りたくないのです。
ほんの暇つぶしで登録した出会い系で、人生の新しい扉を開けてしまったようです。
周りを不幸にしてまでも、自分の欲望に正直に生きたいと思ってしまうのです。

それでも私は不倫をして良かった

夫以外の男性を初めて知った私は、夫のセックスが全くつまらない自分本位のセックスだったことを知りました。

夫とは3年ほどセックスをしていません。付き合っている頃から、キスも淡泊でした。
ディープキスなんて、人生で数えるほどしかしていません。

自分では膣が濡れにくい体質だと思っていたのですが、実はそうでもないのです。
Oさんのセックスでは、シーツにビッショリとシミができるほど濡れます。

Oさんはキスに10分以上かけてくれます。
セックスしながら、
「きれいだね」「ここが感じるの?」「可愛い声を出すんだね」
と、会話をしてくれるのです。
私のセックス感が変わってしまいました。

Oさんに初めてアソコを舐められた時は、すごく驚いてしまい
「やめてください…そんなところは汚いです」
と止めたのですが、
それと同時にあまりにも気持ち良くて、人生で初めてセックスでイッてしまったのです。

セックスをしている間は、夫の事、義両親の事、子供の悩み、人間関係など、嫌なことをすべて忘れることができます。

恥ずかしい話ですが、Oさんと出会ってからオナニーの頻度が増えて、アダルトグッズも初めて購入してしまいました。
私はもう、元の自分には戻れませんし、戻りたくもありません。

不倫の考えは人それぞれ

もしOさんと別れたなら、私はまた出会い系で別の相手を探すでしょう。
不倫が人道に反している行為だとは分かっていますが、私が私らしくいるためには不倫は必要なのです。

そのうちにOさんと上手くいかなくなって、別れる時が来るかもしれません。
どちらかが、この関係を止めたいと思ったら、不倫はそこで終了。

最初はそんな事絶対に嫌だと思っていたけれど、セックスの味を覚えてしまった今ではOさんじゃなくてもいいんじゃないか…と考えだしています。

不倫が絶対にNGだと考えている人は、一生一人の人で終わればいいのです。
でも私はそれでは満足できない。
人それぞれの考え方でいいと思っています。

私は誰にもバレずに不倫を続けたい。家庭を壊さず、子供を守りながら。
実は世の中には私のように考えている人間は多いと思います。

なぜなら、出会い系サイトには、驚くほどたくさんの人がいるから。
その人たちが、出会いを求めてひしめき合っています。

お互いに家庭を持ちながら

私には旦那と子供がいます。

旦那は仕事が忙しく、あまり家に帰ってきません。
保育園児を抱えて共働きをしています。
彼に会うまでは、忙しい割には退屈な毎日でした。

ある日、保育園のママ友が
「飲みにいこー!」と言ってきました。

私もたまには気分転換したいと思い、旦那に言うと意外にもOK。
早めに帰ってきてもらい、子供を預けて久しぶりに飲みに行きました!

そこに現れたのは、ママ友の旦那さんではない男性。
ママ友に聞いてみると、「彼氏」だと言うからびっくり!

その方にも妻子がいて、割り切って付き合っていると言うのです。
深く考えずに遊ぶだけの気軽な関係だと言っていました。

私は、ほんとうに驚きました。
ママ友がそんなことをしているなんて、夢にも思っていなかったのです。

その人が連れてきた男の人が、なぜかやたらと私にアタック!
顔もタイプじゃないし、あまりにもガツガツくるので引いてしまって…

その日は、そのままバイバイ。
数日たってからそのママ友が

「またあの人が会いたいと言ってるから、もう一回だけみんなでご飯いこー」と。
そう言われ、前回で遊ぶことに味をしめた私はOK。

そこには、私に一生懸命に話しかけてくるママ友の彼氏がいました。
ママ友の彼でしょ?それなのに私にまでちょっかいかけてくるって何なの?
正直、私には彼の気持ちが理解できませんでした。

おどけて見せたり、甘えてきたり…
何を言っても無反応な旦那とは真逆の彼。
その明るくて面白い性格に私は徐々に心を開き、時間が過ぎるのを忘れるくらい彼との会話を楽しみました。

そこでママ友に聞いてみたんです。
「彼が私に喋りかけたり、ちょっかいかけて嫌じゃないの?彼氏でしょ?」と。
すると、
「彼氏って言うか、ただのセフレ。他にもっと好きな男がいるから、あんたにあげる!」

「???」
彼女が言っている意味を理解するのに少し時間がかかりました。
つまりは、ママ友にとっては彼はどうでもいい人だから、私とどうなろうと関係ないと。

彼の陽気でちょっとチャラくて、女心をくすぐるテクニックに完全に心を奪われた私。それならもらっちゃおうか…
ママ友だって遊んでるし…そんな仲間意識もあったのかもしれません。

結婚してて子供がいても遊んだっていいでしょ?
毎日、仕事・家事・育児をやってて息が詰まりそうだし。
自分に言い訳をしながら、彼との時間を最大限楽しみました。

帰り際にラインを交換して、今では毎日ライン。
その人にも妻子がいるので、お互いにばれないように毎日こっそり連絡を取り合っています。

子供を預けれない日は連れていき、遊んでる間に車に隠れてキスをしたり、子供に見つからないようにお互いのモノを触りあったり。
そんな時は、声が漏れるのを押さえるのに必死です。そこがまた感じる…

旦那とはセックスをあまりしていません。
セックスレスではありませんが、2か月に一度くらいで15分くらいの短いセックス。

子供が小さいので、落ち着いてできないということもありますが、旦那は自分が出せれば満足みたいで、むしろ短時間で射精できて楽だと思っているみたい。

私はそんなセックスに不満を持っていたので、彼との濃密で刺激的なセックスに完全にのめり込んでいるのです。

仕事が夜勤だと言って、一晩中彼と過ごした時のセックスは体がとろけそうに気持ちが良かった…

旦那では絶対にしてくれない恥ずかしい体位や、お互いのモノを舐め合うシックスナイン。
オナニーを見せ合ったり、ラブホにあるおもちゃを使ったセックスもしました。

足の指やおへそまで舐めてくれる彼の愛撫に私の体は激しく反応するのです。
実は彼の血液型は旦那と一緒。

万が一妊娠しても、問題ないんじゃないかと…
そんな事を考えながらする彼とのセックスは、自然と動物が求め合っているような激しいものになります。

会うたびに求めてくる彼を拒むことなく、むしろもっともっとと更に要求する私。
自分でもどこまで行くのか、少し怖くもあります。

私の旦那は、私に興味がないので見つかることはまず無さそう。
そういう点はありがたいですね。

旦那が私の携帯を見ることもないので、ばれることもなく今まで続いています。
彼は遊び人なのでいつまでも続くかわかりませんが、お互いに家庭を壊すつもりはありません。

面倒なことは避けたいね。と言っています。
ただ以前のような退屈な毎日ではもう満足できません。
今の私はセックスを楽しみたい…ただそれだけです。