出会い系不倫体験談 その2

彼との出会い

Tinderで知り合った相手。

その人とは二週間くらいやりとりが続いて、軽い下ネタも言い合う関係に。
言葉の端々に、お互いにそういう関係(セフレ)を意識している感じがありました。

出会い系のやり取りの中で、下ネタに乗ってくる異性はセフレ探し目的の人が多いと思います。一つの目安にするといいかも。

その彼とは話が盛り上がるので、今度実際に会ってみよう!という話になり、早速次の休みに二人でバーで飲むことに…

この時点で、その夜はこの人とホテルに行くんかも…という予感がありました。

彼が提案してくれたお店は、福岡の天神付近にある「THEVAR」というバー。
近くにホテルがあったので、セックスは暗黙の了解だったと思います。

当日は西鉄天神駅の近くで待ち合わせ。
事前にお互いの顔写真を交換していたので、すぐに相手を見つけることができました。

軽い挨拶をした後、公園をゆっくり歩きながらバーへ。
土曜日ということもあり人通りが多かったのですが、早い段階から手を繋がれます。

「こうやって歩くのに憧れてて」彼はそう言っていました。
少なくとも彼に嫌な感情を抱きませんでした。

慣れた感じでお店に入っていったので、馴染みの店なんだなという印象。
ゆっくり飲みながら会話を楽しみました。

実際に出会ってみると…

最初は、メールのやりとりを振り返ったり、最初の印象をぶっちゃけあったり。
その後、お互いの恋人の話に…

二人ともそういう相手はいないという話になりましたが、私の勘では恐らく彼には彼女がいたでしょう。

飲んでいる間に何度か電話がかかってきて席を立ったり、LINEが来ているのが見えたからです。

恐らく恋人かそれに近い関係の女性がいたと思います。
彼は遊び慣れている男という印象。
でも、それを決して私には感じさせません。

「こうやって女性と話すのは久しぶり」
「なんだか緊張するな」

そう言って、私の警戒心を解こうとします。
私にとっては、そういうところも好印象。
最初からヤリ捨てする雰囲気を出してこられるより、ずっと優しさを感じます。

ふと彼が、「なぜTinderを始めたの?」と聞いてきました。

素直に寂しくて相手が欲しかったことを伝えると、自分もそうだと…
そこから、さらにいい感じの雰囲気に。

私はお酒を勧められるままに飲んでいたので、徐々に酔いが回ってしまい…
そんな時に彼から質問が。

「どれくらいの間セックスしていないの?」

全くいやらしさがなく、さらっと聞いてきたので驚きはしましたが、逆に答えやすかったです。

徐々に話が下ネタの方になってきて、私の手を触ったり容姿を褒めだしたり…
その時の私は、本当にこの人とそういう関係になるんだなぁ。と、なぜか冷静に考えていました。

出会ってすぐ、カラダの関係に…

元からお互いにセックスを求めていた部分があったので、そこからの展開は早かった。

私の方からも経験人数を聞いたりして、エッチな雰囲気を作ります。
エッチな話題で盛り上がり、その時点で二人の目的は一致していました。

ある程度時間が過ぎた頃、そろそろ出ようと言われ店を後に。
支払いは彼がしてくれます。

その後は目を合わせて
「いい?」
そう言われて私は頷きました。

あえて言葉には出さず、雰囲気を作ってくれたのは良かったですね。
私の方からセックスを誘う勇気はないし、がっついてると思われたくはありません。

このように自然な形で誘ってくれたので、素直についていけました。
そのまま手を繋いてホテルに…

彼は慣れていないと言いつつも、よく来ているホテルなのでしょう。
慣れた感じで部屋を選びます。

部屋に入るとすぐに始まりました。濃厚なセックスが…
それはもう酒池肉林。
酔っていたせいもありますが、かなり気持ち良かったです。
セックスにも女にも慣れている彼。

終わった後は私の体を褒めてくれて、次に繋がる言葉もありました。

「これからもまた会いたいね」
「彼氏とか作る予定あるの?」

彼氏についてはわからないと答えたところ

「誰かに取られるなんてもったいないなぁ」
そう言われましたが、私には付き合う気はなかったし…

彼もそういう意味で言ったのではない事はわかっていたので、
「彼氏ができたらわかんないけど、それまで会ったりしてもいい」
そう伝えました。

その日はホテルに泊まって翌朝解散しました。

カラダを重ねたその後

セックスの後、彼からの連絡はなかなか来ませんでした。

やっぱりワンナイト目的か…
そう思っていたら一週間経った頃にLINEが入りました。

仕事が忙しくて連絡が遅くなったという謝罪と、また会いたいという内容でした。
その後すぐに再開。

セフレになろうと言われてはいませんが、今は完全にセフレ状態。
お互いがセックスしたい時に呼び出したり、呼び出されたりの関係です。